スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原発の事故調査報告書を読んだことある?

事故調査報告書とは?

福島第一原発の事故発生後、早い段階で事故調査・検証委員会が設けられ(2011年7月に動き始めた)、事故調査報告書は1年後の2012年の7月にまとめられています。

報告書は今でも事故調査・検証委員会のサイト (http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/icanps/)からダウンロードできます。

当時の情報と知見に基く報告書なので、事故の解説としては今となっては不十分な面もありますが、報告書で出された提言については今でも色あせていないと思います。その後どうなったかを考えれば、(ちょっと残念な面もありますが)そこで指摘された事故の本質は正しかったことが判ります。

個人的には原発を再稼働させる前に、事故対応の報告書もまとめて欲しいと思うのですが・・・。

事故は他人事なのか?

事故の原因から発生にいたる細かい経緯に違いはあっても、事故の(たいていは複数ある)要因とその構造やパターン、本質的な部分には共通的なものが見られます。同じ物理法則に従った世界で生きているわけですし、事故を生み出す人間の考え方や行動パターンは同じなので当然と見るべきでしょう。(自分だけは違うという人はきっと願望からくる思い込みでしょう)

よく「経験したことがないので・・・」と言い訳する人がいますが、それでは文明は進歩しません。「私は何度も事故を繰り返して成長してきた」なんて言う人は本人以外からすれば迷惑な話でしょう。周囲や過去の事例を研究したり、経験者からノウハウを学んで研鑽すべきでしょう。

事故にいたる前の前兆を見逃してはいけないし、深刻なトラブルになる前に対策することが必要となります。そのためには事故の構造や本質/要因とは何かを理解することが必要となってきます。

でも、何もない所から考えるのは難しいので、過去の他者の事故を例に自分がどうあるべきか?組織がどうあるべきか?を考えてみるのは有益なはずです。

犯人を探して事故を他人のせいにすれば、心情的にスッキリするかもしれませんが、世の中はなかなか良くなっていきません。それよりも事故を教訓に自分や周囲や社会が少しでも良くなるにはどうすべきか?を思案すべきだと私は考えています。

総括と提言だけでも読むことをお勧めします

報告書の内容は膨大ですが、VI章の「総括と提言」に要約的にまとめられていて、それを読めば大多数の人にとっては十分だと私は思っています。それでも90ページ近くありますが・・・。

固有名詞を自分の身近な単語に置き換えると、それって「同じじゃん!」と言いたくなるはずです。

ここでは最後の「委員長所感」の結びの記述を引用しておきます。この最後の一言が本当に伝えたかった事だと私は思うからです。

我々は、この事故を通じて学んだ事柄を今後の社会運営に生かさなければならない。
この事故は自然が人間の考えに欠落があることを教えてくれたものと受け止め、
この事故を永遠に忘れることなく、教訓を学び続けなければならない。


スポンサーサイト
雑記 | 13:58:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。