スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
GS116Ev2の802.3ad動作

Netgear の「アンマネージプラス」スイッチ GS116Ev2 を購入して、安定動作させるところまでいったのでそのレポートです。 8ポートのL2スイッチではポートが足りなくなったのと、高負荷なネットワークをリンクアグリゲーションで負荷分散させたかったので購入してみました。

購入時の評価ポイント

このスイッチは一般的な L2 スイッチと比較すると、比較的低価格であるにもかかわらず、以下のようなアドバンテージがあります。

  • ポートミラーリングが使える(解析に便利)
  • taged VLAN, port VLAN が使える
  • QoS 対応
  • ループ検出対応
  • リンクアグリゲーション (802.3ad) 対応

この「アンマネージプラス」スイッチは専用の管理ツール(Windows専用)で設定するようになっているのですが、IPアドレス設定後はWebベースでも設定変更できるようになっています。(旧世代?ではWebベースの設定がなかった)

本当に 802.3ad が動作するのか情報がありませんでしたが、これは買って調べてみるしかないと・・・。

802.3adの動作

リンクアグリゲーションの設定は System / LAG / Membership のページでグループを構成するポートを指定し、

LAG / Configuration のページで、パラメータを指定するようになっています。

以下の3台のマシンとの接続で 802.3ad によるリンクアグリゲーションの接続を試みました
  • Linuxサーバ (Debian 7.8 / openvswitch)
  • Linuxデスクトップ (Fedora 21 による bonding / mode=4)
  • Windows 8.1 デスクトップ (Intel ProSet による Teaming)

(試行錯誤の詳細ははしょって・・・)結論としては、802.3ad はきちんと動作しません。

理由はパケットキャプチャをしていて判明したのですが、このスイッチは LACP のパケットを自分では処理せずに、なぜか他のポートにブロードキャストさせてしまいます、結果としてスイッチとマシンの間での LACP ネゴシエーションではなく、スイッチに接続したマシン間での LACP ネゴシエーションをさせてしまい、LACPのパケットが流れる度に疎通が混乱していきます。 (LACP が Link Aggregation Conflict Protocol として動作している!)

設定の "Admin Mode" について説明が見当たららないのですが、これを"Disable"に設定すると LACP のパケット疎通が抑止される動作になるようです。

原因は想定する構成/使い方が違うのか?スイッチのバグなのか?設定の組み合わせによるものなのか?は不明ですが、802.3adは使えないと判断してよさそうです。

ということで、通常のbonding構成で動作させています。

open-vswitch の bonding 設定はこんな感じ

# ovs-vsctl add-bond ovsbr0 bond0 eth0 eth1
# ovs-vsctl set port bond0 other_config:bond-detect-mode=miimon
# ovs-vsctl set port bond0 other_config:bond-miimon-interval=200
# ovs-vsctl show  
(中略)
    Bridge "ovsbr0"
        Port "bond0"
            Interface "eth1"
            Interface "eth0"
        Port "ovsbr0"
            Interface "ovsbr0"
                type: internal
    ovs_version: "1.4.2"
# ovs-appctl bond/show bond0
bond_mode: balance-slb
bond-hash-algorithm: balance-slb
bond-hash-basis: 0
updelay: 0 ms
downdelay: 0 ms
next rebalance: 2240 ms
lacp_negotiated: false

slave eth1: enabled
	may_enable: true

slave eth0: enabled
	active slave
	may_enable: true
	hash 217: 4 kB load

Linuxの bonding 設定はひとまず tlb を利用

$ cat /etc/modprobe.d/bonding.conf
alias bond0 bonding
options bond0 miimon=200 mode=5 xmit_hash_policy=layer3+4

Windows マシン (Intel ProSet) の Teaming のモードは ALB (Adaptive Load Balance) を利用



スポンサーサイト
Network | 19:22:41 | トラックバック(0) | コメント(7)
ネットワークスペシャリスト試験

今年は夏バテがひどくてまだぐったりしていますが、そろそろ復活しないと!

受験の目的

受験した目的はだいたい以下のようなものでした。

  1. ネットワークについて幅広く再学習する
  2. 脳細胞の劣化防止
  3. 転職等の際に資格はあった方がいいか・・・?

仕事でネットワークは扱っていますし、いろいろ実験や研究もしているわけですが、自分が扱っているモノの知識に偏りすぎてしまっている恐れがあります。見落としもあるかもしれないので、たまにはこんな総ざらいをする必要があるはずです。

新人には試験受けろ!と言って、自分は受けないのはよろしくない。自らその姿勢は(目に見える形で)示すべきでしょう。

試験に対する感想

もう試験内容と解答が掲示されているのですが、答え合わせはあとでいいや。合格うんぬんはそれほど執着はない。

実はちょっと前に気づいていた。自分の実力テストをするだけなら、受験料を払って受験しなくても自分で問題を解いて自己採点すればいいんじゃ?・・・でもお金を出すという行為に意味があるのか・・・

試験内容は総じて最近のトレンドを網羅したものでした。無線LANの出題が多い。モバイル、仮想化とか。

これ全部完璧に解答できたら、大抵のところでネットワークの専門家として働けるかな?(そのような意図で作られている試験だから当然だ)

午前の試験は難易度が低かったような気がする。気のせい?

自分としての感想

私としては今回は胃痛との戦いでした・・・。試験前夜は胃の痛みと吐き気でほとんど眠れず、コンディション最悪。試験に意識を集中すれば痛みは消せるけど、終わったらどっと疲れがきた。やっぱりまずは体力だ。

やっぱり(昔から悪いけど)記憶力が一段と落ちているなぁ。記憶力をPCに肩代わりしてもらっているから・・・これはしょうがないな。

鉛筆で書こうとすると漢字が出てこない。ふと気づくと変なアルファベットを書いていた(小学生か!)。字が汚いという理由で減点されそう。これは少しはトレーニングしないとダメかも。

一通り広範囲に勉強したことで、自分の弱点を理解することができた。うすうす気づいてはいたけど。

でも、弱点を補強するつもりはありません。自分としてはこれからもネットワークのディープ?な世界を目指していくつもりです。



テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

Network | 00:54:58 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。