スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Windows 10 の Teaming

Windows 10 へのアップグレード後の問題

自宅のデスクトップ機を Windows 10 (Professional) に更新したが、更新後ネットワークインタフェースの Teaming が消失してしまっていた。ネットワークアダプタの設定等を確認してみたが、Teaming に使っていた2つの NIC はリンクアップしているものの、Teaming のインタフェースだけが消えている。

Windows 8.1 では Intel ProSet の Teaming 機能を使っていたのだが、当該設定が見当たらない。

Windows 10 では OS の Teaming が使えるようなので、これを試してみることにした。

Windows Power Shell による設定方法

まずはネットワークインタフェースの現状を確認する
PS C:\WINDOWS\system32> Get-NetAdapter

Name                      InterfaceDescription                    ifIndex Status       MacAddress             LinkSpeed
----                      --------------------                    ------- ------       ----------             ---------
イーサネット 3            Intel(R) Gigabit CT Desktop Adapter           7 Up           68-05-CA-xx-xx-xx         1 Gbps
イーサネット              Realtek PCI GBE Family Controller            10 Up           34-76-C5-xx-xx-xx         1 Gbps
イーサネット 5            Realtek PCIe GBE Family Controller            6 Up           68-05-CA-xx-xx-xx         1 Gbps

MACアドレスが壊れた Teaming のものに見うけられる。

以下のようなコマンドで Teaming を設定する

(コマンドの説明はリンク New-NetLbfoTeam 参照)

PS C:\WINDOWS\system32> New-NetLbfoTeam -Name "Teaming" -TeamMembers ("イーサネット 3", "イーサネット 5") -TeamingMode Static

Name                   : Teaming
Members                : {イーサネット 5, イーサネット 3}
TeamNics               : Teaming
TeamingMode            : Static
LoadBalancingAlgorithm : Dynamic
Status                 :

Teaming 設定後は以下のようになる

PS C:\WINDOWS\system32> Get-NetAdapter

Name                      InterfaceDescription                    ifIndex Status       MacAddress             LinkSpeed
----                      --------------------                    ------- ------       ----------             ---------
Teaming                   Microsoft Network Adapter Multiple...#3       4 Up           68-05-CA-xx-xx-xx         2 Gbps
イーサネット 3            Intel(R) Gigabit CT Desktop Adapter           7 Up           68-05-CA-xx-xx-xx         1 Gbps
イーサネット              Realtek PCI GBE Family Controller            10 Up           34-76-C5-xx-xx-xx         1 Gbps
イーサネット 5            Realtek PCIe GBE Family Controller            6 Up           68-05-CA-xx-xx-xx         1 Gbps

Teaming を生成すると、更新前の Teaming 設定(ネットワーク設定の方はそのまま残っていたらしい)でネットワークは正常に動作した。

備考等

モノが無いので Home エディションでも同じかどうか判らない。



続きを読む >>
スポンサーサイト
Windows | 20:52:07 | トラックバック(0) | コメント(1)
Windows8 マシンの更新

動機

Windows のデスクトップマシンはちょっと古く、 CPU が AMD Athron X2 BE-2350、 マザーボードが ASUS の M2A-VM という構成だったのですが、 Windows 8 Pro 版にアップグレードしたら以下のような問題があって

  • オンボードビデオ(AMD 690G)を認識しないので標準ドライバで動作する。画面が狭い。
  • CPUがSLATに対応していないので、せっかくの仮想化機能が使えない。

いい機会なのでハードウェアを更新することにしました。

用意したパーツ

  • CPU: AMD A4-5300
  • マザーボード: GIGABYTE F2A75M-D3H
  • メモリ: ADATA AX3U1866GC4G9B-DG2 (DDR3 1866 4GB x2)

今回は割と安価な構成です。A4-5300 はメモリクロックが 1866 MHz まで対応しているようなので、DDR3 1866 のメモリを選んでみました。これだけ値段がちょっと高めです。

ケース/電源やハードディスクは今まで使っていたものを流用。

作業とトラブル

ハードウェアの載せ替えはマザーボード/CPU/メモリを交換するだけ。配線して終わり。

Windows 8 は普通に起動したので、最新ドライバー(Catalyst 12.10)をダウンロード/インストール。

なぜか画面の一部が黒くなる問題が発生。試しにドライバーをβ版 (Catalyst 12.11 beta)にしても変わらない。なんだか不安定だけど今は調査する時間がとれない。

早くなった?

Windows エクスペリエンス インデックスの値は 3.1 から 5.9 に向上したけど、体感的にはあまり変わらないように思えます。

a4-5300-experience-index.jpg

消費電力をワットチェッカーで測ってみたところ、アイドル時で 24-27W くらい。



続きを読む >>

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

Windows | 00:52:22 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。